27年間都会暮らしが田舎暮らしはじめました

小布施町の地域おこし協力隊の日々のあれこれ

*

新たなる協力者が現れる<ゼロからフェスを作る>

      2016/03/08

前回でTODOが一気に出た後色々進み、

まずは、
・会場予約=町の承諾
をしないことには始まらない!
ということで、会場を押さえる為の企画書作りを進めます。

また、それと同時進行的に告知をするのも早ければ早い方が良いとの事で、
・Web制作
の準備も並行していきました。
この部分は小布施のWebデザイナーの方に協力をお願いする形に。
色々フェスのコンセプトを把握したり、テイストをどう仕上げるのかという部分を詰めていくには、スタッフと一緒に会議に参加したりするのが大事なんだそうです。

この方の一声もあり、先にロゴデザインを決めようという事で、小布施出身の若手デザイナーにロゴを作成して貰う事に!

ロゴデザインは後でのお楽しみとして、イメージはフェスのステージとなるこの野外ステージ!

小布施総合公園

と、まあ楽しい事は進むのが早いんですが・・・
やはり大体の予算も計画していかなければならないのです。
一番きちんと考えていかないと、後々自分たちを苦しめる事にもなりかねないのがココ。
この”予算計画”が経験不足の私たちには難しく、この後も長く頭を悩ませる事になります。

いずれにしても収支計画は作成しないと、という事で・・・
分かりうる限りの項目をざっくりと出してみました。

<支出>
・舞台設営・音響 等
・施設使用料・チケット販売手数料
・アーティスト出演料
・スタッフ経費

<収入>
・チケット代
・協賛金
・広告宣伝費

・・・

・・・

・・・

うーん、こんなもので良いのだろうか??

何だか、あまりにシンプルすぎて不安になりました。。笑

でもスタッフの中にこの予算計画に詳しく突っ込める人間もおらず、また滞りがちになっていた時期に、私が地域おこし協力隊として着任してからお世話になっている外部の企業の方とお会いする機会があり、その際にこの話の相談に乗って頂いた所、
「音楽フェスを手掛けている友人を紹介できるよ!」
とのお言葉!!!

なんとも有難い繋がりを作って貰いました。Sさんには本当に感謝です。

そして、紹介して頂いたその方とは私たちの次回の東京でのミーティングの前の時間にお会い出来る時間を作って頂けることになりました。

その方は非常に協力的な方で、熱い方でした。
私たちの話を、メモを取りながらとても真剣に聞いてくださり、何もかも分からないまま進めているにも関わらず、今の時点でやるべき事のアドバイスをしてくださる、とっても優しい、素敵な方でした!

というわけで、
その方(Tさん)から色々と教えて頂いた事を踏まえてミーティングをした結果、
以下の通りに、またTO DOが以前よりクリアになっていきました。

<To Do リスト 12月末時点>

・押さえるべき日程
・スタッフの役割分担
WEB & PR
ミュージシャンブッキングチーム
地域対策
当日オペレーション
スポンサー交渉
フード関係
東京側での小布施とのタイアップ企業協力  など
・HP立ち上げ準備ドメイン取得等
・地元民をどれだけ巻き込むか:(FBなどで声掛けしていき興味のある人には協力要請)
・ボランティア募集
・協賛の協力願い(皆さんからの協力をお願いする。当事者になって頂く)
・小布施での既存イベントの運営方法の聞き出し

Tさんは一度小布施に行って、会場も見てみたいとの発言。

えー!!そこまでしてくれるんですか!
とびっくりなのですが、年明け早速来て頂ける事になったのです。

続き・・・5.年始、小布施でのミーティング<ゼロからフェスを作る>

 - ゼロからフェスを作る