27年間都会暮らしが田舎暮らしはじめました

小布施町の地域おこし協力隊の日々のあれこれ

*

【小布施出身の有名人】映像ディレクター「関和亮」さん

      2015/11/17

関和亮_ せきかずあき

みなさまこんにちは、ひーちゃんです

最近知った事でちょっと驚いたのが
<関和亮さんが小布施町出身>という事!!

関和亮(せきかずあき) って誰??
という方の為に説明致します^^

PerfumeのMVの大半を手掛ける!

 
関和亮さんとPerfumeは縁が凄くあるのか、Perfumeのミュージックビデオの多くが彼によるものなのです。

というわけで勝手に、私個人のそれぞれのMVの一言解説を添えてご紹介します。

リニアモーターガール:近未来的・仮想現実的なMV
コンピューターシティ:背景真っ黒!ダンスにフィーチャーしたMV
エレクトロ・ワールド:フルCGでSF映画の様な世界観
Twinkle Snow Powdery Snow:エレクトロ・ワールドと一緒のスタッフでフルCGのMV。より壮大で美しい映像
チョコレイト・ディスコ:CGなし、レーザーを使用したサイケデリックなMV
ポリリズム:アイドルらしい、顔のアップが多めのMV(ACのCMで有名に)
Baby cruising Love:ポップでキュートでありつつ電子的な要素を匂わせる。浮かぶ光の軌跡も特徴的なMV
マカロニ:テクノから完全に離れ、ありのままの3人をノスタルジックに映し出すMV
love the world:全編モノクロでレトロ感がある。繰り返される映像が中毒性の高いMV
Dream Fighter:背景真っ黒!コンピューターシティ同様ダンスにフィーチャーしている。構図へのこだわりやバブルの様な球が効果的に美しく作用しているMV
ワンルーム・ディスコ:不思議なワンルームBOXの中で踊る3人のMV。よく見ると凝った作りをしていて実際に撮影にも長時間掛かっている
I still love U:一見ごく普通のMVに見えるが彼女達の表情に注目。実は足ツボを押されて耐えるという面白い発想から出来上がっている。
不自然なガール:パネルを持つバックダンサーと織り成す不思議なMV
VOICE:セットが非常に凝っていて可愛いながらも、ダンスを静止させた壁すり抜けのシーンに緊張感を感じさせるMV
レーザービーム:クールな3人が謎の男と戦うが後半は意外とコミカルなMV
微かなカオリ:「動く写真集」がコンセプトのMV。写真集らしく縦型の映像Verで撮影されているのが面白い
GLITTER:光の使い方が美しく終始キラキラと輝くMV。3人の美しさを際立たせる作品
FAKE IT:LIVE感を大事にしたMV。360°ステージをグルグル撮影し楽曲同様クールな仕上がりとなっている。
Magic of Love:次々に繰り返される部屋と増殖する3人が不思議な世界を作り出しているMV
1mm:アクリルボードに現れては消えゆく歌詞が美しく、ボードの重なり合う角度やそこに反射して映り込む姿まで計算されているかの様なMV。最後必見。
DISPLAY:Perfumeの3人が毎回完璧に同じダンスが出来る事を前提に制作されているMV。これは驚異。衣装毎に同じダンスしてそれらを重ね合わせているという事。
Relax In The City:温かく浮遊感のあるMV。開放感もあり、3人の雰囲気に一番近い感覚を受ける。
STAR TRAIN:ダンス無しの自然体なMVながらも、15年の歩みとこれからまた更なる飛躍へ向けてのきらめきが感じられる。グッと大人な表情の彼女達の魅力がとても出ています。

詳細は以下のリンク先から見られますよー!

「Perfume Clips」発売記念 関和亮インタビュー

 

第14回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門 優秀賞受賞

 
まず、文化庁メディア芸術祭って何!?という方へ・・・

文化庁メディア芸術祭とは
毎年2月に受賞作品展が行われるメディア芸術の総合フェスティバルで、
アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を世界中からの応募の中から選出しています。
引用元:文化庁メディア芸術祭HP

募集期間が7月〜9月辺りの2ヶ月間限定で、募集条件もあります。
にも関わらず、2010年 第14回は2,645作品を越える応募があり(2015年 第19回は3,853作品の応募)、その中から優秀賞に選ばれるのは狭き門だと分かります。ちなみに大賞の次に優秀賞が続きます。

さて、関さんのどんな作品が受賞したのかと言いますと、、、
『サカナクションーアルクアラウンド』です

初めて見た時にビビッと来たのを覚えています。基本MVは注視して見ない私が完全に見入ってしまいました。
この中毒性あるミュージックビデオ、疾走感と詩の響きの大切さが引き立つ映像はなるほど受賞作品の貫禄を見せつけてくれます!!

歌詞の「歩き続ける」から、その場所その場所の一定のアングルでしか文字が見えないという演出を考えた発想が素晴らしい。しかもこれデジタル一眼レフの動画機能で撮影していてノーカットなんです。

映像だけじゃない!

 
関和亮さんは映像だけでなくスチール写真もアートワーク(CDジャケットなど)も手掛けるマルチなお方。
そんな関さんの作品一覧をまとめたリンクがこちら!
関さんが取締役を務める、(株)ooo(トリプル・オー)というクリエイティブプロダクションのサイトです。
大半の作品に人の動きの面白さを感じさせるのは関さんの特徴なのでしょうね。

kazuaki seki works

最新の作品は??

 
最近(2015年11月)に関さんが総合演出を務めた作品は、プロテニスプレイヤー錦織圭選手が出演するこんな変わったカップヌードルのCM

ラケットでインベーダーを撃ち落とすという何とも不可思議な映像です(笑)
しかもこのインベーダー実際に浮いている「ドローンインベーダー」なのだとか!

インタビュー

 
関さんの制作における考え方がよく分かるインタビュー記事。
対談があったり色々あってどれも興味深いです。
時間がある時じっくり読んでみて下さい!

関和亮×後藤正文 インタビュー

関和亮×真鍋大度 もぐもぐインタビュー

映像ディレクター関和亮氏と<フジロック>の深い関係性とは?

フラットに生きたい。誰よりも独創的な映像ディレクター・関和亮が思うこと

ではまたー。

 - 小布施町