27年間都会暮らしが田舎暮らしはじめました

小布施町の地域おこし協力隊の日々のあれこれ

*

小布施の春は天国の様でした。

   

みなさま、こんにちは。

3月から5月くらいまで小布施の春を体験して一言!

まるで天国のよう

決して誇張ではなく、本当に美しく、穏やかで、平和な時が流れている、そんな感覚がしました。気温もちょうどよく、ずっと心地が良かったです。

言葉で説明するより写真の方がより伝わると思いますので、以下より小布施春コレクションをお届けいたします(笑)

小布施の市村町長も一番好きな季節は「春」と仰っており、小布施の人にとっても特別な季節だと感じている方は多い気がします。

特に美しいと感じるのが千曲川付近の風景。この辺りを中心にご覧下さい。

千曲川堤防上の「桜堤」と呼ばれる桜並木。
ここは全長4キロ、600本の八重桜が咲き誇ります。
歩けども歩けども桜、桜、桜!!!
情緒ある美しさにうっとりします。
2016年は暖かい日が続いた為、満開の時期が通常期のGW頃より早く、4月下旬には見ごろを迎えていました。

小布施 桜

小布施 桜

小布施 桜

小布施 桜

小布施 桜

小布施橋の下、堤防下りたところの桜はソメイヨシノですね、これもまた美しく咲いていました。

小布施の春

小布施 桜

小布施の春

こちらはハナモモ(花桃)。
この濃いピンク色が春の景色を鮮やかに彩っています。堂々と見事な形ですね。

小布施の春

桜堤に負けじと美しいのが菜の花畑

千曲川ふれあい公園に菜の花が咲き誇る頃、天国に来てしまったかのような光景が広がります。こちらの見頃も早く、4月中旬にはこのような咲き具合でした。

菜の花畑 小布施

菜の花畑 小布施

菜の花畑 小布施

このようにかき分けて入って、菜の花に囲まれる幸せな時間。

菜の花畑 かき分ける 小布施

鯉のぼりとのコントラストもまた日本らしくて良いですね。

小布施の春

とにかくずっと美しかった小布施の春。
満喫できる日にちは少ないけれど、だからこそこの時期が来た時には言葉にならない感情が沸き起こります。

みなさまも是非このタイミングを狙って小布施の春を堪能してくださいね。

それでは、また。

 - 小布施町