27年間都会暮らしが田舎暮らしはじめました

小布施町の地域おこし協力隊の日々のあれこれ

*

【小布施町の紹介】季節限定モンブラン 朱雀 食べて来ました!

      2016/08/25

みなさまこんにちは、ひーちゃんです。

季節限定の究極のモンブラン

“朱雀”

ご存知でしょうか?
小布施町にある栗菓子屋さんの「小布施堂」
こちらの店で砂糖も何も一切加えず、栗本来の味だけでつくったモンブランを秋の期間限定で提供しています。

<小布施堂本店>

小布施堂 obusedo

NEW! 2016年情報
2016年は9月15(木)から10月中旬まで(整理券配布は8:30から)
提供時間は9時から14時頃まで

2015年は9月10日(木)から10月19日(月)までの予定
提供時間は9時から14時頃まで

この朱雀、毎年人気の為「朱雀券」という整理券を配布しています。
配布時間は8:30から小布施堂本店にて。
1つ、¥1,000で整理券配布の際に前払いという形になります。
予約持ち帰りいずれも不可。ここ小布施でしか食べられないのです!

さて、早速9月13日(日)朱雀を食すべく配布券の列に並ぶ事にしました。

朝7:00前

早く並び始めないと食べられないかもしれないと周囲からの情報も聞いて1時間半前に到着しました。

どのくらい並んでいるんでしょうか?

何と!

suzaku 朱雀 行列

凄い!何ですかこの行列!!

もう一度言いますがまだ7時前ですからね!

その後も続々と後ろに人が続いていきました。

8:30
いよいよ朱雀券の配布。
私は大体20~30組目位だったと思います。券の指定時刻は10時でした。
しかし友人の到着時刻は11時半くらいとの事、貰うの早すぎた・・。

ちなみに朱雀券は時間指定出来る様で、無事に後ろにズラして貰う事が出来ました。

さて、指定時刻に行き朱雀を待つ・・・

出ました!朱雀!!!
お蕎麦みたいな見た目、洋菓子というより、和菓子の様な見た目。
素朴であり繊細な、でも存在感のある美しさを感じます。

朱雀 suzaku

一口パクッと食べてみた感想、

栗だ!!

と、そりゃ当たり前なんですが、そんな言葉が初めに出て来てしまう位に栗丸ごと味わっている感覚でした。

何せ、1つの朱雀に栗を

約 15 個 

使っているんですよ!!!

驚きですよね。
栗本来の甘さを楽しむものなので、甘さに関しては物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、何とも贅沢なモンブランだと思います。

ちなみに結構お腹いっぱいになりますのでお腹空かせてから来た方が良いですよ〜

是非一度はお試しあれ!

ではまたー。


<朱雀:小布施堂さんのサイト>
http://www.obusedo.com/store/event/2015/suzaku/index.html

 - 小布施町,