27年間都会暮らしが田舎暮らしはじめました

小布施町の地域おこし協力隊の日々のあれこれ

*

【小布施町の紹介】第14回 小布施見にマラソン

   

2016年7月17日(日)
人口約11,000人の小布施町に、約8,000人のランナーがやってくる大大大イベントが開催されました。
それが・・・

小布施見にマラソン

小布施見にマラソン

小布施見にマラソン

なのです。
今年で14回目を迎える、県内外多くのランナーに支持のアツい、人気のミニマラソンです。
「小布施を楽しみながら見て走ってほしい」
そんな思いから”ミニ”ではなく”見に”という言葉遊びをしています。

さて、その見にマラソンの運営には現在3名所属している小布施町の地域おこし協力隊の1人が携わっております。着任した4月から3か月半、本当にこの日の為に頑張ってました。
マラソンの準備は12月から始まり、ずっと関係各所とやりとりをしながら調整して進めていきます。
計画表を見させていただくと、本当にたくさんの方々に関わっていただいて成り立っているのだと感じ、感慨深いです。そして事務局の皆様の働きぶりにも驚かされます。

この、小布施見にマラソンは町民がツクルマラソンとうたっており、町民のボランティア参加率も非常に高いのです。
なんとその数 約1,500人

本当にありがたいですね、素晴らしい。

<大人気のスラックラインゾーンでハイタッチで迎える町民の方々>

小布施見にマラソン

<青いボランティアTシャツを着て、さくらんぼを渡しつつ応援するこどもたち>

小布施見にマラソン

何と言ってもエイドの充実ぶりは評価が高いのです!その中にはありがたいことに、町民の方が自らランナーの為に用意をし、ふるまってくれている”私設エイド”も多くあります。中にはお肉ふるまったりする方もいて、そのエイドの充実ぶりには私もびっくりしてます。

そんなおもてなしの心がランナーにも伝わっているようで・・・
ランニングポータルサイトの「RUNNET」には今回の大会レポが掲載され、高評価いただいております!
大会レポ 第14回小布施見にマラソン

このサイトから、いくつかランナーの声を引用させていただきます。

町全体が盛り上げてくれます。
参加者の仮装、コース、エイド、楽しんで参加できます。
100mごとの距離表示や氷はありがたい。ほぼ1kmごとの給水は、喉が乾く暇がないほどですが、地元の子供たちが応援してくれて、ついつい毎回コップを受け取ってしまいます。
本当に元気な応援ありがとう!

毎度、素晴らしい沿道の応援、美味しいエイドでのおもてなしありがとうございます。
毎回、ゴール後来年も又、走りたいと思う大会です。
毎年夫婦で楽しく参加、野沢菜、果物、梅干完食です。
小布施の関係者の皆様へ感謝します。
来年もよろしくお願いします。

初めての小布施マラソン
素晴らしいの一言
給水所では、特産物やアイスや果物などのサービスが盛りだくさん。
地域住民の方も応援してくれて頑張れました。
一方、車が1車線やっと通行できそうな狭いコースもあり、タイムを目指す方には不向きかもしれません。
地域の方と触れ合いたいかた、マラソンを楽しみたい方、小布施の魅力を感じたい方、仮装に興味のある方などにはオススメだと思います。
リピーターが、多いことも十分理解できました。

こうやって実際に”ランナーの声”として感想を貰えると、ただのボランティアスタッフの一人としても非常に嬉しいです!!

途中のエイドのみならず、ゴール地点にもたくさんのフルーツとお野菜が待っています!
本当に最後までお腹いっぱいのマラソンです。

小布施見にマラソン

また、小布施見にマラソンの醍醐味のもう一つ、仮装ランナーの面白さも必見!

<こんな感じのランナーさんがたくさん!100組以上いたとか>
小布施見にマラソン

小布施見にマラソン
最後、表彰の際には「コスチューム賞」も発表されます!

小布施見にマラソン

<みんな集まって記念写真☆>

小布施見にマラソン

みんなを楽しませてくれるコスチュームのランナーはそれだけで功労賞をあげたくなります。
みなさん汗ダクダクの中ありがとうございます!!

そして、今回私たち、小布施町地域おこし協力隊として一つお仕事させていただきました。

スタートゲートの

「今日は、みんな、町民です」

小布施見にマラソン

これは、3人が企画・コピー・レイアウトそれぞれ担当し考えました!
コピーは町長にも気に入っていただけて、当日のスタート前のお話にも上がりました。

また、ゴールゲートの
「見に来てくれてありがとう」
「いつでもまた来てくれや!」
も担当しました。こちらは気付いた方は少ないかもしれません。

小布施見にマラソン

どれも思いを込めて皆様へ送ったメッセージです。
「いつでもまた来てくれや!」は小布施の方もよく使う言い回しをそのままに、親しみを込めてコピーにしました。
スタートの「今日は、みんな、町民です」というメッセージから始まり、走路の中で様々な町民と触れ合い、ランナー自らもいち小布施町民としてゴールを切るその時には通じるであろう言葉にしたかったのです。

この企画は3人いないと成り立たなかったなとしみじみ感じます。
形になって、こんなにたくさんの人の目に触れたこと、本当に感動しました。

さて、様々なドラマがある小布施見にマラソン、
常連さんにも毎回感謝ですし、初めて来てくれた方、久しぶりに参加してくれた方、みなさんへありがとうという思いでいっぱいです。
そんなみなさんの笑顔を見るために小布施町で力を合わせて行うイベントです。

まだ来たことない方、興味持っていただけましたら、来年ぜひ走りに来てくださいね!
小布施町一同お待ちしております。

 - スポーツ, 地域おこし, 小布施町, 祭り・イベント