27年間都会暮らしが田舎暮らしはじめました

小布施町の地域おこし協力隊の日々のあれこれ

*

【小布施町の紹介】境内アート小布施×苗市

   

みなさまこんにちは。

毎年小布施でアートのお祭りが開かれているのをご存知でしょうか?
それが、今年(2016年4月16-17日)で13回目を迎えた

境内アート小布施×苗市

なのです。

境内は勿論お寺の境内のことを指しており、境内全体を使ってアート作品を展示、ライブパフォーマンスも行う、というもの。
私、実行委員として微力ながらお手伝いさせていただきました。

会場は主に4つのエリアに分かれており、
境内(アート)エリア・どんぐり千年の森エリア(クラフトエリア)・飲食系出展エリア・道場
となっています。
(マップ参照:境内アートHPより。境内アート小布施×苗市 HP

境内アート小布施×苗市

会場結構広いです。
出展数はなんと133件!
境内(アート)エリアが31件、どんぐり千年の森エリア(クラフトエリア)が78件、飲食系出展エリアが13件、道場エリアが11件。
規模の大きさがお分かりいただけると思います。

<アートエリア>
境内アート 様子

<クラフトエリア>
境内アート 様子

<飲食エリア>
境内アート 様子

<道場>
境内アート 様子

本堂前ステージではライブもあり、
ささきりょうたさん
峰村慶太郎さん
太田幸希さん
TOMOYAARTSさん
にご出演頂きました。

境内アート 様子

境内アート 様子

境内アート 様子

境内アート 様子

そして、門脇篤さんと小布施中学校による毛糸玉パフォーマンスもありました。

<放たれた毛糸玉の軌跡が美しい>
境内アート 様子

境内アート小布施×苗市は、元々は「玄照寺の苗市」として1959年から始まり、57年の歴史があります。
そこにアートの要素を取り入れて境内アート小布施×苗市として始まったのが13年前。

今では県外からも出店者が集まるくらいのイベントになっています。

アートのイベントとして大きくなってはいますが、しっかり苗市も開催されておりました。
境内アート×苗市
2日間で様々なアーティスト、クリエイターの方々と話しながらたくさんのアートや作品に触れられます。

お寺

という会場を生かした作品展示をされている方がいたり(そういったものを”インスタレーション”と言います)、この会場全体がそれぞれの個性が溢れる非常に刺激的な空間でした。
境内アート×苗市 様子

境内アート×苗市 様子

境内アート×苗市 様子

境内アート×苗市 様子

境内アート×苗市 様子

境内アート×苗市 様子

境内アート×苗市 様子

境内アート×苗市 様子

写真では全てを伝えきれないほど、とても濃厚なイベントです!

皆さんも是非、2017年の境内アート小布施×苗市を見に来てくださいね。

 - 地域おこし, 小布施町, 田舎暮らし, 祭り・イベント